取替も考慮しよう!ベルトのメンテナンス

金属製のベルトのメンテナンス

金属製のステンレスやチタンが使われているベルトは皮脂や雑菌が付着しやすく、臭いの原因に成ってしまうと言われています。メンテナンスを怠ると見た目が悪くなるだけでなく、肌トラブルが起きることもあるので注意しましょう。ちょっとした汚れの場合は専用のクロスで汚れを拭き取ります。拭くときには表面を傷付けないように、優しく擦るようにします。隙間の汚れを取り除きたいときには使い古した歯ブラシなどで汚れをかき出しましょう。

拭き取るだけでは汚れが落ちない、お手入れをあまりしていなかった場合はクリーナーで洗浄します。乾いたタオルにベルト専用のクリーナーを含ませて、汚れを落としていきます。金属製なら水洗いも可能なので、汚れが酷いときには中性洗剤で水洗いするのもおすすめです。

レザーのベルトのお手入れ

機械式の時計でよく見かけるのが、レザーのベルトです。レザーはお手入れをせずにそのまま放置していると劣化しやすく、変色やひび割れを起こすことがあるのです。毎日のメンテナンスでは使い終わった後に柔らかい布で汚れを取って、清潔な状態を保ちます。水に濡れてしまったときには、すぐに水分を拭き取るようにすると劣化しにくくなります。

汚れが気になる場合はしっかりと絞った濡れ布巾で、汚れた部分を拭くだけです。水分が残っているとトラブルの原因になるので、きちんと乾燥させてから身に着けるようにしましょう。臭いが気になるときには消臭スプレーをして、嫌な臭いを残さないようにしておきます。スプレーをしたときにも自然乾燥させることが重要です。